本文へスキップ

飛騨高山よしま農園は、無添加赤かぶ漬けと無農薬自然栽培野菜農家です

電話でのお問い合わせ・ご注文は TEL.0577-33-6216

〒506-0044 岐阜県高山市上切町378

飛騨はところし枝豆 ompany

【季節限定10月2〜9日】毎年、このときを待っているお客様が多い 


えだまめ無農薬自然栽培
飛騨はところし枝豆

伝統固定種 在来種枝豆

枝豆の旬は秋だと思う

 枝豆といえば、夏?冷たいビール? どうでしょうか?・・・私が思うのは、枝豆といえば、秋!温かいほうじ茶!本来、日本の伝統的な枝豆(大豆)の品種は、秋に実りの旬を迎えます。

稔りの秋です。近年の夏に収穫される枝豆は、とくに早く成長収穫させるために品種改良されています。夏の収穫に間に合わせるために、ハウスやトンネル(畑で保温)栽培され、より多くの肥料を必要としています。旬は美味しいです。





■飛騨はところし枝豆
販売価格1kg1203円(税込1300円)

※1kgは、どんぶり1杯半ほどの量になります。     



商品名
飛騨はところし枝豆 1kg 
保存と品質
鮮度第一です。到着後お早目に食べてください。
栽培方法
肥料農薬堆肥等不使用 種子・・・自家採種等→詳しくは栽培方法
生産者
飛騨高山よしま農園


なぜ?【鳩ころし】

この大豆は飛騨高山に100年以上も続く歴史のある在来種です。その名も「はところし」。

なぜそんな恐ろしい名前なのでしょうか?

名前の由来は定かではありませんが、2つの言い伝えがあります。

ひとつめの説は、一般の大豆に比べると大粒(丹波の黒大豆ほどの大きさ)で実がしっかりしているため、鳩が食べると喉に詰まらせてしまうから「はところし」。次の説は、あまりにも美味しいため、鳩が食べすぎてしまう「はところし」。いづれにしても、ちょっと他とは違う珍しいお豆で、美味ということでしょうか。

この大豆は、枝豆はもちろんのこと、青大豆としても大好評を頂いております。青大豆の販売は12月からです。

ここでひとつ 食べ方について・・・枝豆といえばビールでしょうか? この枝豆には、ほうじ茶がとても良く合います。ビールは刺激が強いので、せっかくの枝豆の風味を消してしまいます。逆にほうじ茶とは絶妙に相性が良く、お互いに風味が高まり、とても美味満点です。



早朝に、株ごと収穫してきます



お豆を枝から落とす機械です。



機械で選別されて出てきます。


枝豆収穫畑【肥料農薬堆肥を使わなくても十分育ち、実りがあります】
































ナビゲーション











こんにちは。
園主の与嶋靖智です。
日々、土にまみれながら畑に立ちます。食を通じて皆様と対話できることを喜びに取り組ませて頂いています

→農園スタッフ紹介

shop info店舗情報

飛騨高山よしま農園

〒506-0044
岐阜県高山市上切町378
TEL.0577-33-6216
FAX.0577-32-3346

yoshima.net

問い合わせフォームから

メール アドレス info@yoshima.net